Blog - ランボー的

bootstrap templates

ランボーの最後の詩と思われる「夢」を訳しました。
手紙の一部なのですが、とりあえず詩だけ載せます。

夜の兵舎:「夢」.
    兵舎の中では、みんは空腹です -
        本当です...
  発散と爆発だ.  魔人だ:
        "おれはグルイエール・チーズだぞ!"
    ルフェーブル:"酒場だ!"
    魔人:"おれはブリー・チーズだぞ!"
兵士たちは彼らのパンの上で切りました:
        "これが人生さ!"
    魔人. - "おれはロックフォール・チーズだぞ!"
        - おれたちは死んでしまう!...
        - おれはグルイエール・チーズ
          と、ブリー・チーズ... とか.
        - ワルツ -
   みんなは私たちに加わりました、ルフェーブルと私に...
                            とか -

アルチュール・ランボー『手紙』より

Parolemerde 2001
翻訳:2019年11月26日

-----------

解読

魔人と訳しましたが、原詩では Génie となっており、精霊の意味でしょう。この詩では、チーズの精霊です。イリュミナスィオンの詩「魔人 Génie」とのつながりを持たせるため、同じ訳にしました。

ルフェーブルは、ランボーが住み込みの家庭教師をしたドイツ人、酒場とは、兵士に酒を売る「酒保」を意味するドイツ語の Keller です。Keller には、チーズもあります。おれたちと訳したところは、not' となっており、notre(私たちの)省略と取りました。この詩ではGénieが食べられて終わりです。

この詩を訳すことは、1年以上前に、病院に居るときに考えました。

Parolemerde2001
解読掲載:2019年12月03日

◀ 前  index  次 ▶

© 1997-2020 KunioMonji.com - 利用規約 - プライバシーポリシー