simple web templates

プロフィール

門司 邦雄 - Kunio Monji
写真家、フランスの詩人アルチュール・ランボー翻訳者
「イリュミナスィオン」の全編翻訳かつ全編解読は日本および世界で唯一

1949年10月20日東京都千代田区生まれ
植物生態学者の父(門司正三)の影響で、4歳から写真を撮り始める
慶應義塾大学仏文科在学中にランボーゼミを設立・主宰
高畠正明教授を顧問にイリュミナスィオンを研究

父、門司正三が撮影した2、3歳の頃と思われる門司邦雄の写真

Mobirise

1974年:写真家東松照明氏主催ワークショップ写真学校、横須賀巧光教室修了
同期生に、長坂洋平氏宗形慧氏、中道順詩氏、岡友幸氏、他写真家多数
1976年:銀座ニコンサロンにて個展「Saison」(横須賀巧光氏プロデュース)
無名にもかかわらず2000人以上の来場者があり、業界では木村伊兵衛賞候補と評価されるが惜しくも逃す

様々なアルバイト、写真植字会社社員、写植版下自営を経て、1981年より:
・広告代理店の外部スタッフとして、株式会社リコーのOA機器の操作マニュアル、販促マニュアル、販促ツールの企画・制作に従事
・横浜生協の広報誌「街かどもよう」のインタビュー撮影、料理撮影、ワイン記事などに参加
・食糧庁、銀座ショールームの「お米データベース」の文学部門を担当・執筆
社団法人日本食品機械工業会機関誌「ふーま」のカメラマンとして、創刊号より展示会、講演会、インタビューなどの写真を担当(1984年~2007年4月)

2000年:インターネットに「ランボー イリュミナスィオン」サイトを開設、詩人ランボーの翻訳・解説を掲載開始
イリュミナスィオン全編の翻訳は他にもあるが、合わせて全て解読も成されているのは日本および世界で唯一
2001年:南青山MANDALAにて、ランボーとヴェルレーヌをテーマとした朗読パフォーマンス「レザンジュ Les Anges」を「eyedia.com」主催にて公演、翻訳・脚本・撮影を担当
2004年から:フリーカメラマンとして、藤田三保子(ムービー)、水谷寿美(写真)、佐藤唯文(写真)のシャンソン・ショーを撮影
2007年4月:東京都渋谷区から福島県いわき市に移転
2007年10月:福島県いわき市から東京都に移転
2011年11月:福島第一原発事故を機に九州へ移住(父の故郷八幡へ、翌春福岡市へ)
2015年5月:北九州市へ移住、現在ルーツの門司港在住

― プライベートワークとして ―
1974年:新宿フーテンを撮影
1993年:スノボ・モノスキーの広報ビデオとして「Poppy Snow」撮影・編集
1993年-95年:原宿ホコ天の記録ビデオ撮影
1995年:信州遠山郷霜月祭りのビデオ「湯立て神楽」を撮影・編集
1997年-:「eyedia.com」ギャラリーのスタッフとして創作球体関節人形の撮影
2006年:原宿神宮橋のコスプレイヤーの記録「Oh! Jingubashi」撮影

セルフポートレート

Mobirise

2011年3月12日と14日に発生した福島第一原発爆発事故による放射能汚染(当時の居住地、東京都小金井市がホットスポット)が原因と思われる、アテローム性脳梗塞を2018年6月に発症
奇跡的に一命をとりとめたが、右半身麻痺となる
約4カ月に渡る集中治療、高度医療、リハビリ病院を経て、現在、理学療法士によるリハビリを続けながら、ランボー翻訳の総論、九州の写真などをまとめ中
闘病レポートとして本ウェブサイトのブログ・生活的に掲載中

かつては東京都心フランス料理屋シェフにスカウトされる腕前の料理を日々作る
パキスタン出張時に覚えた母から伝授、改良された数十種類のスパイスを使った独自のカレーは絶品
現在それらは妻、市子に伝授しながらコーヒー豆焙煎や燻製ベーコンなど研究中
登山、スキー、モノスキー、マウンテンバイク、パラグライダーなどスポーツも大いに楽しみ、フラメンコギターも奏でていたが、今後の楽しみを模索中

2019年9月18日更新